スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
↑ ↑ ↑ あなたの応援が新規銘柄を暴露する原動力になります。 ( ^_^ )v

--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


8007 高島
カテゴリ: フェニックス株式投資情報
太陽光関連株の一角として買い推奨!
8007 高島
出来高的に押し目は買い妙味ありです!!
じっくり注目していて下さい☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界市場の動きが下落基調をたどっております。
要因はもちろんギリシャの債務危機問題。
6月17日に実施される再選挙に向けて与野党は激しい論戦を展開。
いまは国が二つに割れている状況です。
財政健全化のために欧州連合やIMFが
援助の条件としている財政緊縮策の実施を継続すべきか、
それともそれを蹴り、ユーロ圏から脱退してしまうべきか・・・。
国論は二分され、日々激しい論戦が繰り広げられています。

世論調査によると現在のところ緊縮策容認派が
勢いを取り戻しているとのことですが、
もちろんいつ流れが変るか分かりません。
それに前首相のパパンドレウ氏が、
「ギリシャのユーロ離脱リスクはある」と発言したとかしないとかで
米国市場がまず乱高下、東京市場もそれを踏襲する動きです。

こんな不安的な状況にどう対応すればよいのか。
情報が錯綜し、しかもどの情報も今後について正確な予想など
不可能なのですから、自分勝手に、こうなるだろう、ああなるだろうと
推測しないことが大事です。

『ギリシャはユーロ圏から離脱しないよ。そんなこと出来るわけない。』
こんなふうに日常生活の中で友達や家族と語り合うのは構わなくても、
実際の投資ではこんな考えに基づくやり方は危険です。

では、どうすべきか?!

欧州の混乱はユーロ価格に現れるため、その動きをしっかり見る。
これに徹する。こうした方がラクですし、成功確率も高くなります。
ただ前述した6月17日は、しっかりと頭に入れておきたいものです。
緊縮策受け入れ派、拒絶派。どちらが勝利するか分かりませんが、
市場は6月 17日前後まではそれが大いに気になり、
積極的な買いは入りにくい。
こうなってしまう恐れがありますので、そのつもりでトレードしましょう!

ただマイナス材料ばかりではありません。
米国市場でfacebook株の上場が終わったこと!!
これは今後東京市場にもプラスに働くといえます。
4月から5月にかけて外国人投資家たちはfacebook株の上場に夢中になり、
国内株ではアップル株、そして外国株では日本株などを売り、資金を作っていました。

しかし同社株の上場が終わったのです。
外国人投資家たちはまた日本株に関心を次第に向け始めるでしょう。
そこで、ここでの投資は、最近まで上昇トレンドをキープしていたものや
5月になって売り込まれてしまった銘柄。
これらを拾っておく。 これがお勧めです。

業績がいい株は必ず上がってきます☆
業績の可能性修正を出している銘柄の押し目を買うより
今はリバウンドに必ず乗っていける銘柄の押し目に注目しておきましょう!

6月度の会員募集を始めております。
6月もよろしくお願いします!!


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
↑ ↑ ↑ あなたの応援が新規銘柄を暴露する原動力になります。 ( ^_^ )v

2012.05.25 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ブログ内検索
フェニックスファミリー株式情報

フェニックス株式情報


フェニックス・リアルタイムBLOG

投稿カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング

1日1回クリック m( _ _ )m
 ↓ ↓ ↓


1日1回クリック m( _ _ )m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

無料メルマガ登録

メルマガだけの
情報・連絡があります。
緊急お知らせもあります。
ぜひ、ご登録を!

フェニックスカウンター
RSS 登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。